読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

ぎゅーにゅーとーコッペッパーンコッペパーン~本を読む人だけが手にするものを読んで~

ダースベイダーのテーマが頭から離れません。

一度「ぎゅーにゅーとーコッペッパーンコッペパーン」と聞くとね……

ダークサイドの給食は牛乳とコッペパン二つ。

 

 

今日読んだ本は本を読む人だけが手にするものでした。

 

数か所、「これ、あかんやつだ」と思う記述がありましたが、大半は概ね同意できる。

でも、一万時間でそのジャンルで一人前になれるというのは何度も読んだことあるなぁ。有名な話なのだろう。でもソースはー?と思ってしまった。

 

本を300冊読むとブレイクスルーが起きると書いてあったが、人生トータルの話らしい。

300冊というと小学生で達成している気がするが、子供の頃はカウントしないのかな?

読書ゲージが溜まってリミットブレイクすると本が書けるようになる(私の勝手な解釈)

300冊って多いでしょうか?

 

 

 

2014年12月10日のクローズアップ現代の話が取り上げられていた。私は運よくその放送をリアルタイムで見た。立花隆さんが持論を展開して、進行方向が番組の思惑からずれていたのを今でも覚えている。

番組側は「本を読め」だったが、立花隆さんはネットも良いという感じだった記憶がある。

 

 

パチンコをせず、ゲームをやらず、読書をすると上位八分の一の人になれると書いてあった。Fallout4をちょこちょこやる私には耳が痛い。この前まではDIABLO3だったけどね!(違う

上位云々言っている割に「子供の遊びを大切に」というメッセージを受け取ってしまった。穿ち過ぎか?

 

 

この本を鵜呑みにする気はない。だが、納得できる部分も多い。

だが、TSUTAYA図書館、お前はダメだ。