水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

AIは「心」を持てるのか を読んで-考える心

AIは「心」を持てるのか 脳に近いアーキテクチャを読み終えました。

不安を煽るものでもなく、過度の期待を持たせるものでもありませんでした。

 

最近Googleなどが人工知能のライブラリを公開したりしていますが、これらは心を持っているわけではないのです。

知能を持っているように「振る舞う」ようにできているのです。

哲学的ゾンビ(pゾンビ)のように、外から見たり話しかけたりするとちゃんとした答えが返ってくる人工知能の時代は来る、と思います。

ただ、その人工知能が「考える心」を持つかは懐疑的です。

 

なんらかのブレイクスルーがあって心らしきものを実装できたとしても、本当に心はあるのでしょうか?

 

「我思う、故に我あり」すら疑うようになってしまいます。

 

あなたの今の思考も実在するのでしょうか?

 

 

 

XXXX年、人類に残された仕事は創作だけ、なんて未来は来てしまうのでしょうか?