水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

進まない執筆に意味はあるのでしょうか。1時間3000文字くらい。さぁ書け、書くんだ

長時間机に向かって翻訳作業をしましたが、一向に進みません。

 

気晴らしに本でも読もうかと思い、立ち上がったら肩の痛みが酷いことに気付く。

 

タイマーを使って規則正しくデスクワークをしなくてはいけないなと痛感しました。

 

 

 

翻訳も含めて、私は執筆のスピードが遅い気がします。

最速でも1時間3000文字程度(推敲無し)

頭の中をダダ漏れさせてこのスピードなので遅い気がします。

人が読める「まとまった文章」を書くにはそれよりも遅い。

 

 

でも書き終えないと意味がない。

さぁ書け、書くんだ。