水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

孤独の王 第三部(淡波亮作)を読んで

孤独の王(淡波亮作)を読み終えました。

 

 

ネタバレを含みそうなのでぼかして書きます。

 

最初の方の細やかな人間模様や成長を吹き飛ばす最後でした。

食事の描写が巧く、美味しそうでした。

人と人の衝突も多々ありましたが、そんなの関係ない最後で……

 

 

国守護という面白いアイテム(?)がキーだと思うのですが、それすらも最後は踏みにじる。

 

「ハッピーエンドじゃありません」と、淡波亮作さんに言われましたが、確かにハッピーエンドじゃない。

悪政を敷く王よりも辛い最後。

ハッピーエンドに飽きた方にはお勧めです。

 

孤独の王

孤独の王