読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

再び、働きすぎの若い作家へ

知的生活より。

知的労働がもとで病気になることがあるが、間接的原因でしかない場合が多い。
病気になるのは書斎に閉じこもって運動不足になり、娯楽に乏しい単調な生活をするためだから。

猛烈な文筆活動に精を出し、なおかつ神経組織を健康に保つためには運動が必要である。
肉体運動は体が丈夫でそれに耐えられるなら、どんな鎮静剤よりも効果がある。

疲れ切った頭脳は、自ら進んで厳しい仕事を求めて疲労を増やそうとは思わない。それは疲れた時のことを考えらばわかるはずである。
そのような時は、あなたの中の自然の本能が明らかに休息と気晴らしを求めているのである。
ここでいう疲れとは安らかな眠りを提供してくれる肉体的疲労ではない。
なんとも言えない妄想や不安に付き纏われた、不愉快でぐったりするような精神の疲労である。




らしいです。心当たりがある方はできれば運動を。