水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

人はなんで生きるか

岩波文庫トルストイ民話集 人はなんで生きるか 他四篇 (岩波文庫) を読みました。

岩波文庫電子書籍展開まだかなぁ……なったら本棚がかなり整理できるのだが……

 

 

この本、薄い(189P)ですが内容は濃いです。

キリスト教に抵抗がある方は厳しいかもしれませんが、読んで損はないと思います。

 

「人はなんで生きるか」の問いは三つ

  • 人のうちにあるものは何か?
  • 人に与えられていないものは何か?
  • 人はなんで生きるか?

です。

 

「火を粗末にすると-消せなくなる」では

  • 悪に対して悪を向かわせると悪化する
  • 愛を持て

です。

 

「愛のあるところに神あり」ではキリスト教の愛を説いています。

 

「ろうそく」では悪を以て悪に抗するなと説いています。「悪を滅ぼしたつもりでも、実はもっとわるい悪を自分へ引き込むことになる(抜粋)」

 

「二老人」はもう、博愛という言葉しか思い浮かびません。無償の愛。じいさんすげぇ!

 

 

善と愛ってすごいね! 私もそういうものを書いてみたい。