読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水上基地の日記

電子書籍関係のブログ

千と線とセラヴィ(根木 珠(ゆきな)さん著)を読んで

根木 珠(ゆきな)さんの本はちょっと怖い部分がある。
KDPで全作品読ませていただいた。
根底になにかがあるのかも知れない。


その中で面白く読めたのは「千と線」と「セラヴィ」だ。
前者は日本昔話、後者は笑える作品だった。

特に「千と線」は絵本にしても良いのではないかと思った。(一部描写が怖いが)
「セラヴィ」は短編ドラマとかになりそうだった。

根木 珠(ゆきな)さんは「世にも奇妙な物語」を描くことが出来そうだと思った。